学校裏サイトに寄る誹謗中傷は弁護士に相談しましょう

学校裏サイト

学校の裏サイト問題とは?

最近ではスマホを所有する年齢が下がり、中学生や小学校高学年の子供たちの多くが自分専用のスマホを持っていると言われています。
家族で共有しているパソコンと違い、スマホは簡単にインターネットサイトにアクセスできますし、親は子供がどのようなサイトをどのように利用しているか把握しにくいという問題があります。

そんな時代背景を映し出すように、学校裏サイトの存在が問題になっています。

学校裏サイトは、その学校に通っている生徒同士の情報交換の場として利用されるのであれば良いのですが、学校裏サイトを使い、特定の児童に対して誹謗中傷を続けるなどの悪質ないじめが横行しています。

ほとんどのサイトではパスワードを設定してあったり、パソコンから入れないようにしてあるなど、大人の目に付きにくいように工夫がされているため露見しにくく、存在自体が子供たちの間でしか知られていない場合もあります。

子供たちだけで管理されているので、大人が存在を知る事も難しく、問題のある使い方をされていても簡単に発覚せず、問題が大きくなるまで放置されがちです。

訴訟になったケースも!

学校裏サイトを使ってネット上で個人を執拗に攻撃したり、誹謗中傷を繰り返し、脅迫まがいの言葉を浴びせるようないじめを続け、訴訟問題になった事例もありますが、表に出たのはほんのわずかで、実際には多くの学校でこのような問題が起きているのではないかと言われています。

自分の子供がこのような被害にあってしまった場合には、学校に相談する事も大切ですが、弁護士に相談して公の機関に判断をゆだねる方が良いでしょう。

問題を公にすることでいじめられている子供に不利益があるのではと恐れて何もできないでいると、大人たちには何もできないと誤った受け取り方をされ、いじめはますます裏に回って見えずらくなる上に余計激しくなる恐れがあります。

弁護士に相談する際には、きちんと証拠を押さえておく必要があります。

書き込みなどは消されてしまっても残しておけるように、スクリーンショットなどで保存しておくと安心です。

現代のいじめは親の世代のように分かりやすく仲間はずれにしたり、殴ったりするようなものだけでなく、表面的には仲間のようなふりをしながら、裏ではラインや学校裏サイトなどを使って誹謗中傷を繰り返すような陰湿で分かりにくいいじめになっています。

スマホなどの道具を与えるのであれば、子供の小さな変化を見逃さず、加害者にも被害者にもならないように気を付ける必要があります。