インターネット掲示板での名誉棄損とは

悪口

ネットの名誉毀損とは?

ここ数年で、インターネット上の掲示板やサイトなどで名誉毀損をされるケースが非常に増加しています。そもそも名誉棄損とはどういうことかというと、簡単に言えば他人の名誉を傷つける行為のことです。

損害賠償責任などを根拠づける不法行為を行ったり、犯罪として刑事罰の対象になることもあります。ここでいう「名誉」とは、内部的名誉のこともあれば外部的名誉のこともあり、名誉感情(個人間での感情)をさすこともあります。

名誉棄損は、罪と認められた場合3年以下の懲役または50万円の罰金に処されることになっています。非常によくインターネット上で名誉棄損に値する書き込みなどを見ますが、このように重い刑を受けるものなのです。

また、対象は老若男女関わらずターゲットになることがあり、個人に関わらず法人に対して名誉毀損されることも多いです。

このように、自分の知らないところで自分が誹謗中傷されていることを知れば誰でも嫌な気持ちになりますし、ショックを受けるでしょう。でも、相手は自分もしくは自分の会社がそのように傷つくことを期待して行っているので、全く傷つく必要はありません。とにかく冷静になって、対策を練ることを優先しましょう。

誹謗中傷対策の手続き

まず、対策としてはうちたいのはあわてずに誹謗中傷された事実の確認を行い、記録を残しておきましょう。書き込みした本人は、見られたことを確認すればすぐに消してしまうこともありますので見たくなくてもとにかく写真などを撮って残しておくことをおすすめします。

また、自分自身これ以上この書き込みを周りに見られたくない、という時はサイトの管理者やプロバイダに削除の要請をしましょう。掲示板などのコミュニティサイトには、必ず管理者が存在しています。書き込まれた発言などを削除する権限を持っているので、削除要請を出しましょう。

すぐに対応してくれないこともありますが、掲示板などに記載されている利用規約を確認して、申請しましょう。また、インターネット上の誹謗中傷のみでも実際に逮捕されることもあります。

罰金だけでなく、懲役や拘束のように実際に身柄を確保されるケースもあります。ネットで匿名だから何を言ってもいい、責任を追及されることはないと思っているのは非常に甘く、投稿した個人を特定することは難しいことではないのです。

警察からの捜査令状に基づいてプロバイダーは個人情報を提供するので、モラルは常に、持ちましょう。